Embroidery techniques

刺しゅう図案の写し方と道具を使ってみた感想・図案写しマニュアル

刺しゅうの下絵ペン

 

刺しゅうを始めて1年経過(下書きしたときから、さらに数ヶ月経過。まもなく2年目)。
かわいい刺しゅうで基本を勉強しつつ、かわいい刺しゅうに記載されていない部分を調べながら楽しく刺しゅうをしてきました。

練習する中で「図案」の写し方の重要性がわかるようになってきました。

見えなければ、当然、モチベーションが下がるし、仕上がりも綺麗じゃない。

図案をきちんと写せれば仕上がりの美しさにつながる。だから、図案を写すときは、丁寧に、丁寧に写すようにしています。
基本、おおざっぱな私には、一番、苦労する作業でもありますね。

何度か、図案を写していくうちに、いろんなコツもわかってきました。
まだ、1年少々の刺しゅう歴ですが、図案を写すコツをご紹介。今後も、試行錯誤を続けながら、綺麗に写せる方法を模索していく予定です。

 

刺しゅう図案の写し方は、布と図案に合わせて、道具を使い分けしよう

道具・写し方ともに「これさえあれば万能!」というものはないようです。
布の色や素材・厚さ、図案の絵柄によって最適な写し方を選ぶ必要が出てきます。

同じ道具を使っても、布によって印のつき具合が異なったり
刺しゅうが上手にできても、最後に印が消せなかったり
アイロンの熱で印が落ちなくなったりもします。

商品の説明書をよく読み、印の落ち具合も必ず確認しましょう。

印が消えていなくても、平気で持ち歩いている私
自分がそれでも平気なら、いいよね(笑)

 

布の種類

今のところ、練習用にシーチング。
その他は「かわいい刺しゅう」でついてくる布とフェリシモ・クチュリエの布。
それ以外の布で刺しゅうをしたことがないです。

シーチング

かわいい刺しゅう30号コスモスの花  かわいい刺しゅう青い小花

シーチングは、刺しゅう図案が写しやすいですよね。
安いし、色も豊富だし。お気に入りです。

フェリシモ・クチュリエのキャンバス地(みたいなもの)

袋ものはおまかせバッグとポーチ

フェリシモ・クチュリエの「はじめてさん」コースでついてくる布は、キャンパス地(帆布)みたいな、薄手の布。
すこし、ボコボコしているので、もしかすると複写紙で写す方法は、綺麗に写せないかも?

フェリシモ・クチュリエ今から始める乙女の手習いお裁縫おさらい帖の会

フェリシモ・クチュリエで実際に刺しゅう図案を写したのは、下記の布なんだけど、これは、何って言う布だったのかな?
これも、直接、定規を使って下絵を描いたので、複写紙を使っていない。

今から始めるお裁縫おさらい帖の会

 

かわいい刺しゅうの布

リネンは、織り目がいろいろで、綺麗に写せたり、写せなかったりと、ホント、刺しゅう初心者泣かせの布だな〜という感想。
私、未だに、リネンへの図案写しがへたくそです。

目が詰まっていると、図案が綺麗に写せるような気がします

 

始めてリネンに刺しゅうしたので、刺しゅうすることでいっぱいいっぱいで、図案の写しがどうだったのか、不明

かわいい刺しゅう4号ミニクロス

 

初めてのリボン刺しゅうで使った布。リネンではないと思う。たぶん。
リネンと綿の混紡かも??
これは、図案が、それなりに写りました。
チャコピー使用

かわいい刺しゅう9号

 

ハンガーカバーで利用した布
リネンじゃないと思う。たぶん。
やわらかい感じの布。水に通すと、ピロピロ〜って縮んだらしい(水に通さなかったので聞きかじり)
チャコピー使用

かわいい刺しゅう18号

テープに刺しゅう
これ、ボコボコしすぎていて、図案が綺麗に写らないため、再度、チャコペンなどで、図案を写し直す必要がありました。

かわいい刺しゅう24号

井上ちぐささんに「カリスマペン」を教えてもらいました。

かわいい刺しゅう24号
ディアゴスティーニ「かわいい刺しゅう」24号の感想(タペストリーの製作と刺しゅう糸ホルダーの製作)デアゴスティーニのかわいい刺しゅうを楽しんでます。刺しゅうホルダーの図案が写しにくかったですよね?プロの方はどうやって写したのかを確認しました。...

 

最初は写ったんだけど、1週間後、消えちゃった。
これは、リネンだと思う。たぶん。
チャコピー使用

かわいい刺しゅう27号  ⇒  かわいい刺しゅう28号ニードルケース

シザーキーパーと同じ布だったので、チャコピーではなく「刺しゅう用コピーペーパー」を利用。
くっきり写りました。

かわいい刺しゅう33号・刺しゅう用コピーペーパー

こんな感じで、布によって、写した図案の状態が変わりました。

 

 

 

これからの布

練習用に購入していたシーチングがなくなったので、リネンを買いました。
これらの感想は、使用後追記します。

こちらは、少しだけ柔らかめな感じ
リネン

上記のリネンの他に、白いリネンも購入したけれど、白いリネンの方は、上記のリネンよりもゴワッとした感じ。
白いリネンは、かわいい刺しゅうのイニシャルを刺しゅうした布に似ているかも。

 

今まで、アクリル絵の具で布を染めたりしていましたが、布でアップリケもいいなというわけで「エイティスケア」も購入。
薄手なので、接着芯がないと、単体での刺繍は厳しそう。
エイティスケア

100均の刺しゅう枠で刺しゅうフレーム作り
100均の刺しゅう枠で刺しゅうフレーム作り 刺しゅう基本ステッチのサンプラーを刺しているうちに飽きてしまった私。 気持ちが楽しくなるものを刺したい!! ...

 

 

図案の写し方マニュアル

刺しゅうの最初の行程が、図案写し。
プリンタを持っている人は、プリンタを使いたいって、よく言うよね。図案写しって、ホント大変なのでプリンタでちゃっちゃと写せたら、楽でしょうね。それに、何度でも簡単に印刷できるし、プリンタで図案が写せるようになるといいですね。私は、勝手にペーパーレス推進委員のため、プリンタを持っていないため、どうでも良いですが(苦笑)

工業用だと、インクジェット印刷もあるから、個人用でも作れると思うんだけどな。

図案をきちんと写せれば、仕上がりの美しさにつながります。
図案の写し方の使い分けを確認してみました。

 

トレーシングペーパー

本などの図案を写すときに使うトレーシングペーパー。

トレーシングペーパーは、透かして複写するための薄い半透明の紙。透写紙とも。同様の半透明の紙に硫酸紙、パラフィン紙、グラシン紙などがあり、製法にもよるが丈夫で耐水性・耐油性があるため、食品のクッキングシートや書物の表紙を包装するブックカバー、薬包紙などに用いられる。 ウィキペディア

 

インクジェット用のトレーシングペーパーもあるので、PCで図案を描いている人は、プリンタで下絵を写すことが出来て便利ですね。

 

 

下記の刺繍図案のためのイラストの練習に掲載している図案は、8cm×8cmで描いています。気に入った図案があったら、ダウンロードして、インクジェット用トレペに印刷して使ってくださいね。
拡大縮小は画像が粗くなるかもしれませんが、WordやExcelやメモなどに好きな大きさに変更して使ってもらうことも可能です。
プリンタ側でサイズ設定ができるようだったら、そのまま利用可能かな?

刺繍図案のためのイラスト練習
刺繍図案のためのイラストの練習刺繍図案のためのイラストの練習画像をアップしてます。 当ページに掲載しているイラストは無料でご利用いただけます。...

 

トレーシングペーパーの代用品

クッキングシートがあれば、トレーシングペーパーの代用ができます。
刺しゅうをする前は、クッキングシートを使っていました(苦笑)

私は、たまに「ムーンベール」を使っています。

ムーンベール下絵

 

ムーンベールは薄い和紙なので、インクが本に透過してしまうため、ムーンベールを使って図案を写すときは「フリクションボール」を使っています。
ボールペンのインクが本についてしまっても、ドライヤーで消すことができます。
※ただし、フリクションはインクが消えているわけではないので、経時劣化で、インクが復活してしまうようです。

フリクションボールペンのインクは復活するの
フリクションボールペンを使って布に下書き。消したインクは復活するの?かわいい刺しゅう11号で紹介されていた「フリクションボールペン」。お裁縫レベル「初心者」の私には「チャコ」に変わる救世主のような存在でしたが、使っていくうちに疑問も沢山でてきて。そもそも布に使って良いの?ちゃんと消えるの?線は復活しないの?...

 

私的には、トレーシングペーパーよりも、ムーンベールの方が、綺麗に写せるような気がします。ただトレペのように気軽に使うのはコスパが悪いので、細かい図案の時はムーンベールという感じで、使い分けしてます。

もしかすると、私の使っているトレペの性能が悪いかもしれません(汗)
いや、私の技術が悪いのかも

 

布に直接写すときは「ライトテーブル」

ライトテーブル

私が持っているライトテーブルは、ライトのパワーが弱いので、薄い布でも、図案を透過してくれないため、使えないのですが・・・
刺しゅう作家さんが愛用している動画だと、ライトテーブルを利用しているのをよく見かけます。だいたい、ライトテーブル+フリクション利用ですよね。

ライトテーブルは、下から照らして図案を透かし、布に直接図案を写すことも出来ます。自分で図案を描いている人は、この方法を使っている方が多いですよね。楽ですよね。

白や単色の薄めの布なら使うことができます。
※布の色や素材によっては図案が透けないことがあります。

 

オリジナルイラストは・・・・iPhoneで描いて、トレペに写しているのですが、プリンタを持っていないので、iPhoneで描いた下絵をどうしているかというと・・・
今、noteに「20記事マラソン記事」を下書きしていて、20記事を書き終わったら、公開します。
というか、どこかで、話した記憶あり(笑)

 

手芸用複写紙を使う

最も一般的で、さまざまな布や図案で使える方法ですが、フェルトなど表面がふわふわした布には印が付きにくいことがあります。

使っている人が多いと思うのがクローバーの「チャコピー片面クリアータイプ
水洗いで印が消すことができます。
刺しゅう用には必ず片面タイプを。
時間の経過とともに、消えちゃうことも。

布目が粗い「リネン」だと、チャコピーは写しにくいんですよね。そこで、私が買ってきたのが「ルシアン 刺しゅうコピーペーパー
これ、くっきり写って見えやすかったです。
でも、濃い=消えにくいなのかな?
水でゴシゴシしたけど、線が消えず・・・とほほ。
刺しゅうコピーペーパーを使うときは、線の外側を刺して線が見えないようにするという技を使っている今日この頃です。

 

うわさの「スーパーチャコペーパー」

 

スーパーチャコペーパーもいいよっていう噂もあるのだけれど、スーパーチャコペーパーは全然ダメっていう人もいて、結局、布との相性なんでしょうね。
スーパーチャコペーパーは、チャコピーと同じで、繊細な図案は不向きという話しも。

機会があったら、スーパーチャコペーパーも利用してみたいと思います。

 

チャコが消えない、消えないって騒いでいると、
手芸先輩から、よく言われるのが、
下絵はめん棒で消すのではなくて、たっぷりの水で消すのが正しいと。

最近、ようやく、たっぷりの水で消すが一番だと思うようになってきました。

そのためには・・・刺繍をはじめる前に

  • 布は水通ししておく
  • フリクションは、水につける前に、先に消しておく

という、下準備も必要なんだろうな〜と気づいたので、昨日購入した布を、水通ししました。

 

 

カーボン紙

事務用品の「カーボン紙」
私も、使うことを考えたことあるのですが、事務で使っていたとき、指で触っただけで、指紋が付いたりと、余計なところを汚しちゃったり、消しゴムで消えないため、布での利用は断念しました。

ただ、汚れやすいことと、消えにくいことを理解した上で使うのは有りかな?
繊細な線が引けるのも良いのですけどね・・・

花み
花み
繊細さだけで選んだら「カーボン紙」だと思う

 

トレーサー

トレーサー

線を写すときは「トレーサー」があると便利です。ボールペンとかでもOKですが、写り具合や、繊細な図案を写したいときは、やっぱり「トレーサー」。
これは、買って損はないと思います。
というか、買い!です。

 

 

チャコペンなどの筆記用具を使う

複写紙で写らなかった部分をなぞったり、ライトテーブルで透かして写すときに必要になってくるのが筆記用具。

花み
花み
かつて私はチャコジプシーだった
私が愛用しているチャコペン他

 

図案写しマーカー

水性タイプ、自然に消えるタイプがあります。
自然に消えるタイプは、翌日に消えたことあります。気温とか湿度の関係でしょうか?
マーカーは、刺しゅうの下絵では太いため使ったことがありません。

チャコペン

チャコペン・カリスマペン・ソーライン

鉛筆タイプのチャコペン。

ソーライン
私はシャープペンシルタイプのソーラインを使ってます。
細い図案を描くときにシャープペンシルタイプは、使い勝手が良いです。

ソーライン
印付けに便利な道具「ソーライン」刺しゅうの下絵写しには、便利な道具を活用してストレス無く作業を進めましょ! 今回は、細かい図案を写すときに便利なソーライン・シャープペンシルのご紹介です。...

 

カリスマペン
リボン刺しゅうの井上ちぐささんに教えていただいた「カリスマペン」
買っただけで、満足して使っていません。

かわいい刺しゅう24号
ディアゴスティーニ「かわいい刺しゅう」24号の感想(タペストリーの製作と刺しゅう糸ホルダーの製作)デアゴスティーニのかわいい刺しゅうを楽しんでます。刺しゅうホルダーの図案が写しにくかったですよね?プロの方はどうやって写したのかを確認しました。...

 

フリクションシリーズ

フリクションで刺しゅうの下絵を描く

私は「フリクションペン」を愛用しています。

ただし、フリクションペンは、熱でインクを消しているわけではなく、熱でインクを透明にしているだけなので、使用には注意が必要です。インクが復活したり、変色したりします
他のペンと比べても、細い線が描けるので、刺しゅうの図案向けだなとは思います。フリクションを愛用している人も多いですよね。

フリクションファンライナーを教えてもらってからは、フリクションボールよりもフリクションファンライナーの使用頻度が増えてきました。

あと、濃い色の布地の場合は、フリクション色鉛筆を使うといった具合で、とにかくフリクション大好きです。

花み
花み
フリクションは、紙用です。トラブルがあっても文句を言っちゃダメだよ

 

 

ピーシングペーパーを使う

手芸用複写紙で印の付けにくい素材におすすめ。ハリが出て刺しゅう枠なしでも刺しやすくなるので、ハンカチの端などにも使えます。

◎フェルトやウール、ニットなど
◎線描きの図案
△ステッチで綿を埋める図案

  1. ピーシングペーパーの光沢のない面に図案を写す。光沢のある面を布に合わせ、アイロンで仮どめする
  2. 周囲にしつけをかけて押さえる。ピーシングペーパーの上から刺しゅうをする。
  3. 刺しゅうの針目からピーシングペーパーをちぎって取り除く。無理に引っ張ると針目が乱れるので丁寧に
  4. 図案の中のピーシングペーパーは、ピンセットでつまむと取り除きやすい

 

花み
花み
アイロンで仮接着ということは、刺しゅうしたとき、接着剤の影響とかは受けないのかな?

機会があったら、確認してみたいです

 

 

穴あき型紙を使う

図案の通りに穴の空いた型紙と粉状のチャコを使ってステンシルのように印を付けます。比較的印が消えやすいので、短期間で仕上げられる図案向き

◎同じ図案をいくつも刺すとき
×複雑な図案・小さくて細かい図案

パターンシート
ハサミでカットできるプラスチックシート。半透明で図案が写しやすい

 

F・チャコライナーペン型
中身のパウダーを使用。ホワイトの他にブルー、イエロー、ピンクがある

  1. 図案をパターンシートに写す。太めのフランス刺しゅう針などを使い、図案線に穴をあけて型紙を作る。
  2. 布に型紙を重ね、化粧用パフなどを使いチャコのパウダーを少しずつすり込む。
  3. 刺しゅうをした後で印を消すときはパウダーをはたいて落とす。

 

花み
花み
ハンドメイド作品で、同じ図案を複数作るときに利用できそう

でも、私の場合は、図案が消えなくても良いから、アクリル絵の具でステンシルしちゃうかな

 

スマ・プリを使う

透明なシールに図案を写して布に貼り、その上から刺しゅうをします。インクジェットプリンター(水性インク)も使えるので、刺しゅうの幅が広がります。

 

花み
花み
愛用している方、多いですよね

ただ、糊の関係で、刺しにくいっていう話しも聞くので、実際に使ってみないと、わからないかな。

 

熱転写ペンシル

熱転写ペンシルで描いた図案はアイロンで転写することができます。
布用複写紙よりも鮮明に写しやすいです。
ただ水で消せないので、作品によっては使い分けが必要です。

石井寛子さんの刺しゅう教室の会
「はじめてさんのきほんのき」石井寛子さんの刺しゅう教室の会5回目ミニバッグを制作「はじめてさんのきほんのき」石井寛子さんの刺しゅう教室の会 5回目 ミニバッグの制作と感想。アップリケ刺しゅう初挑戦。...

 

熱転写ペンシルとアイロンマーカーを購入しました。
今のところ、使う機会がないので、使ったら、感想をアップします!
熱転写ペンシル・アイロンマーカー

目の粗い麻布で使ってみたら、細かい図案も綺麗に写すことが出来ました
熱転写ペンで刺しゅう図案を写しました

シンプルイラストギャラリー(フリーイラスト素材) No.61−No.90
アトリエはなみ・シンプルイラストギャラリー(フリーイラスト素材) No.61−No.90【フリーイラスト素材】アメブロの挿し絵用に描いているイラストを配布してます。ホームページ・ブログ・SNS・広告・POP・プレゼンテーションなど、再配布しない限り、年齢制限のない非営利の個人サイト(ブログ・SNS等)の使用制限はありません。ご自由にお使いください。...

 

 

アイロンマーカー

濃い布にフリクション色鉛筆でも綺麗に写せなかったので、アイロンマーカーホワイトを購入しました。

かわいい刺しゅう49号のアップリケ刺繍で、アイロンマーカーホワイトを使ってみました。

フェルトとアイロンマーカーホワイト

ボールペンのインクと違って、水っぽい感じで、キャップをしっかり閉めておかないとダメかな?という印象。
右下の白い線がアイロンマーカーホワイトで描いた線。
アイロンマーカーホワイトの使用感

アイロンを当てたら、スルッと消えました
アイロンマーカーホワイトの使用感

私の場合、フリクションはドライヤーで消しているので、アイロンマーカーホワイトもドライヤーで消えて欲しいということで、ドライヤーを当てたら、ちょっと消えにくかったけれど、問題なく消えました。
濃いめの布地ではアイロンマーカーホワイト利用決定ですね。
アイロンマーカーホワイト使用感 アイロンマーカー使用感

 

図案を写すときのポイント

  • 布は図案を移す前に霧を吹いてアイロンをかけ、布目を整えておく
  • 図案は縦糸、横糸に沿って配置する
  • 途中でめくらず、1回で写す
  • 布に付けた印が濃すぎると布の汚れや跡残りの原因に。また薄すぎると途中で消えてしまいます。目だたない布端などで試してみて、ちょうどよい筆圧を覚えましょう
  • 図案は最小限に省略して写すと、はみ出しや跡残りが防げます

 

刺しゅうをきれいに刺すコツ

布にゆがみがあるときは図案を写す前に、軽くアイロンをかけ直しておきます。
図案は余分な線が入らないようになるべくきれいな1本の線で写します。
図案の中に直線があるときは、布目に合わせます。
丸を描くときは円定規が便利です。
レゼーデージーステッチなどで花を刺すときは等分の線を引きます。

円定規テンプレート

 

刺しゅうをきれいに刺すコツ・2

かわいい刺しゅうの下絵は、線が細くて、フリクションだと線が太くて使えないため、ソーラインで、線を描き直してます。
下絵の線は、きちんと描くと、綺麗に刺すことが出来ます。この手間暇を省かないことが大切ですね。

下絵の補足線はソーラインで

 

 

刺しゅうテクニック関連記事

刺しゅうのテクニックは「かわいい刺しゅう」と「書籍」から

刺しゅう作家・刺しゅうの本
刺しゅう作家一覧と刺しゅう書籍の紹介 刺しゅう作家と書籍の紹介です 「かわいい刺しゅう」「フェリシモ・クチュリエ」でお世話になっている刺しゅう作家さんや、ハウツー書...

 

かわいい刺しゅう
刺しゅう初心者さんにオススメ「かわいい刺しゅう」で刺しゅうのステッチを覚えよう始めて刺しゅうを始めてみようと思ったら、どこからはじめてみたら良いのか悩みませんか?分冊百科「かわいい刺しゅう」は、教室で習っているような感覚でレッスンが進んでいくので、刺しゅう初心者さんにオススメです。...

 

 

最近は、刺し始めは、自己流が多くなってきました。
ループメソッド多用です。

刺しゅう糸の扱い方
刺しゅうのテクニック ー刺しゅう糸の扱い方(準備・刺し始め・刺し終わり)刺しゅうを始める前に、刺しゅう糸の扱い方、刺しゅうの刺し始めや刺し終わりを確認しましょう。...

 

かわいい刺しゅう全号完走すると200色集まるそうです。
刺しゅう糸の管理が目下の課題

刺しゅう糸について
刺しゅうの道具について ー刺しゅう糸についてー刺しゅうを楽しむために必要な道具「刺しゅう糸」について。太さや色番号、種類についてまとめました。...

 

いろんなことを覚えてくると、刺しゅう針も増えてきますよね。
今のところ、新しい刺しゅう針を買う必要はないけれど、刺しにくくなってきたら、購入しないとですよね。

刺しゅうの針について
刺しゅうの道具について ー刺しゅう針についてー刺しゅう糸の太さや種類ごとに専用の針があります。はじめにそろえておきたいのが、クロスステッチ針とフランス刺しゅう針の2種類。それぞれ用途が異なります。...

 

シーチングを卒業して、リネンを購入しました。
今後、リネンの感想を追記していきたいです。

刺しゅうの布について
刺しゅうの道具について ー刺しゅうの布についてー刺しゅうは基本的にどんな布でも刺しゅうはできます。刺しゅうに向く布の紹介です。...

 

フリクションとソーラインが愛用筆記具です

ソーライン
印付けに便利な道具「ソーライン」刺しゅうの下絵写しには、便利な道具を活用してストレス無く作業を進めましょ! 今回は、細かい図案を写すときに便利なソーライン・シャープペンシルのご紹介です。...

 

フリクションボールペンのインクは復活するの
フリクションボールペンを使って布に下書き。消したインクは復活するの?かわいい刺しゅう11号で紹介されていた「フリクションボールペン」。お裁縫レベル「初心者」の私には「チャコ」に変わる救世主のような存在でしたが、使っていくうちに疑問も沢山でてきて。そもそも布に使って良いの?ちゃんと消えるの?線は復活しないの?...

 

刺繍図案のためのイラスト練習はじめました!
刺しゅうは時間がかかるので、まずは、練習をしながら、図案を描いてます。

刺繍図案のためのイラスト練習
刺繍図案のためのイラストの練習刺繍図案のためのイラストの練習画像をアップしてます。 当ページに掲載しているイラストは無料でご利用いただけます。...

 

 

 

ABOUT ME
花み
花み
アクセスありがとうございます。 「刺しゅう」「イラスト練習」のことを中心に「簡単レシピ」「健康のこと」「本の感想」を楽しく書いてシェアしていきます。 感想ツイートいただけると嬉しいです。