craft_et

【制作と感想】ディズニー・ドールハウス創刊号の制作。総額や回数、メリット・デメリットをまとめました

ディズニー・ドールハウス創刊号

 

ディズニーの夢と魔法がつまった「ドールハウス」を作る、アシェットの「 ディズニー・ドールハウス」が2020年2月12日(水)発売になりました。

昔、昔、ドールハウスの制作をしたのですが、途中で止めちゃったんですね。
辞めた理由は

  • ヤスリをかけるのが苦手
  • 色を塗るのが苦手
  • 1回の制作に、時間がかかりすぎる
  • パーツの不備が多すぎる←これが、一番の問題だった

でした。

ドールハウス

というわけで、アシェットの「ディズニー・ドールハウス」はどんな感じかな?と、早速購入してみました。

ディズニー・ドールハウス創刊号
花み
花み
続けるかどうかは、創刊号を購入してから考えるのが一番です

早速制作しましたので、創刊号の制作感想
および、全巻の総額や回数、ディズニー・ドールハウスの大きさ、良い点・悪い点をまとめました。

 

ディズニーの人気キャラクター達が集まる夢のドールハウスを作ろう
アシェット『ディズニー・ドールハウス』シリーズ

ミッキーマウスをはじめとした、時代を超えて愛されるキャラクターたちがひとつのドールハウスに大集合!
夢のドールハウスをあなたの手で完成させましょう。

ディズニー・ドールハウス創刊号

魅力的なディズニーの名作をモチーフとした個性溢れる素敵なお部屋

ディズニーの世界観が ぎっしりつまった各お部屋に、おなじみのキャラクターはもちろん、こだわりの家具や小物のミニチュアを飾って楽しむオリジナルのドールハウスです。

800mm×750mm×430mmの大スケール・1/20スケール

9部屋+地下室のドールハウスは、高さ800mm×幅750mm×奥行430mm
キャラクターフィギュアや家具・小物も細かな造形までじっくり眺めて楽しめます

だれでも簡単に組み立てられる

だれでもつくることができるように設計されているので、組み立てはとても簡単です。初めての方でも精巧なドールハウスを完成させられます。

2020年2月25日までの定期購読申し込み特典
定期購読を申し込みの方に素敵なプレゼント

2020年2月25日までに、定期購読を申し込みをすると、素敵なプレゼントがもらえます。
書店で定期購読をする人は、創刊号から30号までに同梱されている応募券での申し込みとなります。

アシェットへ定期購読申し込みをした場合

2020年2月25日までに、アシェットへ定期購読申し込みをすると

第1回目のお届け
第2号と一緒に「ディズニーデザイン家具・小物セット、オリジナルデザイン工作マット」が送られてきます

ディズニー・ドールハウス・プレゼント

第2回目のお届けは
第3号と一緒に「ミニー&デイジーオリジナルフィギュア」が送られてきます

ディズニー・ドールハウス・プレゼント

さらに、4号以降各号150円(税込)追加しプレミアム定期購読を申し込むと、スペシャルディズニーフィギュア5体セットが2回に分けて届きます。

ディズニー・ドールハウス・プレゼント

ディズニー「ドールハウス」の総額はいくら?全何巻?

ディズニー・ドールハウスシリーズは全120巻です。

花み
花み
2年半くらいで完成かな?

総額は?

創刊号………………299円(税込)
第2号、第3号……1,599円(税込)
第4号以降…………1,749円(税込)

120巻総額……208,130円(税込)

お届け日は?

9号までは、2週ごとに偶数号と奇数号の2号分がセットになった定期購読版を奇数号の発売日にお届け

1回目のお届け…2号+3号(3,198円・税込)
2回目のお届け…4号+5号(3,498円・税込)
3回目のお届け…6号+7号(3,498円・税込)
4回目のお届け…8号+9号(3,498円・税込)
5回目以降のお届け…4号セット(6,996円・税込)

※いつでも契約解除が可能

 

1回の内容

シリーズの内容は

  • 組み立てガイド
    ドールハウスを組み立てるためのガイドページ
  • 夢と魔法のエレメント
    ディズニードールハウスのアイテムやキャラクター、舞台設定などにスポットを当てた資料
  • ディズニー名作劇場
    ディズニーの名作を掘り下げて紹介するコンテンツ
  • ディズニーポスターコレクション
    ディズニー映画のポスターを紹介。
  • ドールハウスレシピ
    ドールハウスづくりの初心者にわかりやすい道具解説や、ドールハウスの歴史を紐解きます

創刊号には「ドールハウスレシピ」は掲載されていないので、内容は、その都度変更になるのかも知れませんね。

 

SNS投稿キャンペーンも開催!

2020年2月12日(水)から3月11日(水)までの期間、hachette.craft(Instagram)、アシェットクラフト(Facebook)のいずれかをフォローしたうえで、ハッシュタグ「#アシェットクラフト」「#ディズニードールハウスアシェット」をつけて画像を投稿した方に、ディズニーゴールデンブック第1号から第5号がプレゼントされます(当選者には後日DMにて連絡)。詳細はホームページを確認ください。

 

ディズニーファン、ドールハウスファンに大満足なシリーズだと感じました。

 

ディズニードールハウス・創刊号の制作と感想

早速、作ってみました。

ステップ1で、いきなり、テキストと実物の着色が違うため、しばし戸惑う私。
完成には影響が無いので、そのまま制作を開始。

着色されているので、すぐに製作が始められるところが○
ディズニー・ドールハウス創刊号

木工用ボンド接着のポイント
木工用ボンドは、テキストのポイントではなくて、少し出して、水分を飛ばしてから楊枝で接着すると、接着しやすいです。
木工用ボンドで接着するときは、この方法が一番、接着しやすくて楽です。
机が汚れてもよいように、クッキングシートやオーブンシートを敷いておくとよいです。
木工用ボンドもクッキングシートに少量ずつ出しながら使います
ディズニー・ドールハウス創刊号

着色のムラがあったので、縦枠の接着時、溝にはまらなかったら、ヤスリがけかな?と心配したけれど、問題なく接着できました。
ディズニー・ドールハウス創刊号

窓ガラスのフィルムが剥がしにくかった
ディズニー・ドールハウス創刊号

今回の制作時間は30分弱。準備等込みの時間なので、実際の作業時間は、もっと短いです。
あっという間に制作完了。
これくらいの時間なら、続けられそうな気がしました。
ディズニー・ドールハウス創刊号

花み
花み
10号以降、4回セットで、月7000円は、私的にキツい

「かわいい刺しゅう」と「フェリシモ・クチュリエ」を楽しんでいるため、他のキットは5000円以下でないと、ちょっと、予算的に厳しいような気がする。

過去に作ったミニチュアと一緒にパチリ
ディズニー・ドールハウス創刊号

ディズニードールハウスのメリット・デメリット

ディズイードールハウスのメリット・デメリットは・・・
デメリットに関しては、ディズニードールハウス云々というよりもアシェットの問題

ディズニードールハウスのデメリット

ディズニードールハウスのデメリットは、
全プレが、書店定期購読の場合は、30号までやらないと、手に入らないところ。応募券の保管が面倒だよね。

実は、、、
アシェットの定期購読は、発売日に届かないことが多々あります。
私は、それで、定期購読を止めた経験があるので、できれば書店での定期購読をオススメしたいです。

発売日に届かなくても平気という人は、アシェットの定期購読がオススメ。

 

私が購入をためらった理由

かわいい刺しゅうとかは、途中解約しても損をしないのですが、
ディズニードールハウスに関しては、途中解約した場合、価値ゼロ円になってしまうところですよね。

価値ゼロ円は、言い過ぎだけれど・・・
小物とかは飾れても、ハウス自体が利用できなくなってしまうところは、定期購読をためらっちゃうよね。

120回完走出来る人向け
ドールハウスが大きいので、飾る場所がある人向け

 

ディズニードールハウスのメリット

ディズニーの蘊蓄が読めるので、ディズニーファンには、楽しい内容だと思います。
さらに、こだわったドールハウスも、凝っている作りだと感じました。
たとえば、ピーターパンの部屋は3階にあって、ピーターがこの窓から入ってくるんだなっていうイメージ通りなところもポイントが高いです。

  • パーツが着色済みのところが良い
  • 1回の制作に時間がかからないので積ん読しないで済みそうなところが良い
  • 着色されているので、ボンド接着が心配だったけれど、問題なく接着できた
  • ドールハウスのデザインが「ディズニー」って感じのところが良い

 

ドールハウス・インテリアデザイン・全アイテムデザイン・設定・設計・監修

監修は「岩田幸勝(いわたゆきまさ)」さん。

Walt Disney company Japanにおいて、ディズニーキャラクターアーティストとして配属され、数多くのディズニーキャラクターを描く。
20年以上勤務したディズニーを退社後は、クリエイティブオフィス・HANIWA STUDIOを立ち上げ、デザイン・エンタメ業務をはじめ、大学の教員やセミナー講師、パフォーマーと幅広く活躍。

ディズニードールハウス・かくれミッキーを探せ
ディズニーファンなら、テンション上がるのが、玄関の窓。
ディズニーリゾートに行ったときの楽しみの一つが「かくれミッキーを探せ」ですよね。
玄関の窓も、きちんと「かくれミッキー」が。ミッキーを探してみてね。

こういうところも、ディズニードールハウスの楽しみの一つじゃないかな。

 

ディズニー・ドールハウス創刊号

 


 

ABOUT ME
花み
花み
アクセスありがとうございます。 この縁を大切にしたいと思っています。 今後も「刺しゅう」のこと「簡単レシピ」「健康のこと」「本の感想」を楽しく書いてシェアしていきます。 感想ツイートいただけると更新の意欲に繋がりますし、純粋に嬉しいです。 そして、「これどうだった?」「ここはどうした?」という要望ツイートも大歓迎です。(それをまた皆様にシェアできるため) 読み終わった今のタイミングで、よろしければ感想ツイートをお願いします。