Cooking

料理苦手さんでも簡単!レシピ「ブリと長いも・舞茸のこしょう炒め」

ぶりと長いも、マイタケのこしょう炒め

 

寒くなってきたのが原因なのか、
口寂しくて、お菓子を食べているから太ったことが原因なのか
血圧が高いため、こういうときは「魚」だよね・・・と「ぶり」

個性的なブリの風味も、少しずつ、食べられるように。
買ってきたときから、憂鬱ではあるのですが・・・
いつか、魚料理も苦手意識がなくなるといいな。

 

 

ぶりと長いも、舞茸のこしょう炒めレシピ

こしょうがピリッときいたおいしさ。
炒めた長芋は、シャキホクで美味しいです。

 

材料(2人分)

  • ぶりの切り身 … 2切れ
  • 長いも … 6cm
  • 舞茸 … 1パック
  • 酒、塩、オリーブオイル、粗挽き黒こしょう

 

長いもと豚こまの塩炒めの作り方

  • 長いもは皮をむいて一口大の乱切りに
  • 舞茸は食べやすく裂く
  • ぶりは一切れを3〜4等分に切り、酒大さじ1,塩少々をからめて5分ほどおく
  • フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、ブリの水気を拭いて並べ、長いもを加えて上下を返しながら4〜5分ほど焼く
  • まいたけを加えて炒め、酒大さじ2,塩小さじ1/4、粗挽き黒こしょう小さじ1/3を加えて調味する。

 

ぶりと長いも、マイタケのこしょう炒め

 

 

 

簡単なことが一番!料理苦手な私でもできるレシピ

「こうでなければダメ」という部分を取り払ったら、料理って面倒くさいものではありませんでした。

とりあえず、簡単な料理から、料理することが好きになって、慣れてきたら、少しずつ、手間暇をかければいいんじゃない?
そう思えるようになりました。

料理苦手&面倒くさいのは慣れないから

料理が苦手なのは、きっと、慣れていないから。
面倒くさく感じるのも、きっと、慣れていないから。

料理って面倒くさいと感じたことは下記のように考えることにしてみました

  • 5cmに切るって言われたら5cmで切らなければ気が済まない
    ⇒不揃いだろうと、その大きさじゃなかろうと、どうでもいいじゃない
  • 「さしすせそ」にこだわる
    ⇒「さしすせそ」なんかこだわらず、調味料は一気に投入してもいいじゃない
  • 慣れないから、手順がもたもたしていて時間が掛かる
    ⇒はりきって、最初から高度な料理はしない(笑)
  • レシピ通りの食材が揃わないと作れない
    ⇒「キャベツ」がないなら「レタス」でいいじゃない
  • 調理機材が同じでないと作れない
    ⇒特別な機材が欲しい物はつくらない(笑)
  • 無駄にしてしまって、捨てる食材の方が多いから、もったいない
    ⇒冷凍しようか!!
  • 調理器具を洗うのが面倒くさい
    ⇒切らなくても良い物を買ってこようか(笑)

 

作りたくない病の克服はSNSに投稿しちゃおう!

面倒くさくて作りたくない!
体が辛くて作りたくない!
こんな感じの日がほとんどなので、楽しくするには何かないかな?と考えた結果、見た目がイマイチだろうと何だろうとSNSに投稿すれば、作る気力が湧くのでは?と、とにかく、作ったらSNSに投稿することにしました。

これでモチベーションアップです

 

冷凍食材の活用で時短&無駄食材ほぼゼロ

田舎住まいなので車がないと生活していけないのに、めまい持ちのため、車を運転することを夫に禁止されて十数年。
というわけで、食材は1週間に1回、運転手の夫にスーパーに連れて行ってもらって一週間分を買ってきます。

当然、無駄になる食材が出てきます。
夫と二人の生活になってからは、さらに、無駄な食材が増えました。

花み
花み
冷凍すればいいじゃない!!

と、気づいて、冷凍するようになったのですが、冷凍って、買ってきたらすぐに冷凍が基本なんですよね。
これが、面倒くさい(笑)

そこで

  • 買ってきてすぐに冷凍は「魚」と「肉」だけでいいじゃない
  • 疲れているのなら、次の日でもいいじゃない

と、思うことに・・・さらに

  • すぐに冷凍処理をしない野菜は、できるだけ新鮮な野菜を売っているお店で買ってこよう
    ⇒冷凍しなくても大丈夫なことが多くなった
  • 半分使って、半分余ったら、余った物を冷凍することにしよう

こんな感じで、苦手意識をひとつひとつ克服してます。

未だに、料理は苦手〜って思うこともありますが、ほんの少しだけ、楽しく料理できるようになってきた気もします。

紹介しているレシピは、どれも手間暇かけずに作っているものばかりです。
もちろん、食材のうち、何かしらは冷凍食材です。

私のように、料理が苦手〜という人の参考になるとうれしいです。

はかせ君
はかせ君
野菜も果物も肉も魚もとれたてが一番新鮮で、どんどん鮮度が低下していきます。食品を購入したら、まずは冷蔵室に。
そのあと、それぞれの保存方法にしたがって、ラップしたり保存袋に入れたりして、冷蔵室や野菜室、冷凍室で保存します。
おいしく食べるには「新鮮なうち」に「適切な方法」で保存するようにしてください。

 

 

冷凍保存のテクニック料理が苦手。冷凍保存の方法をマスターして、料理苦手を克服できそうかな?私なりの冷凍保存のテクニックをまとめました。ゆでて冷凍?生で冷凍?急速冷凍方法は?...

 

冷凍保存ドリップ編
料理音痴さんのお肉やお魚を冷凍保存をする前に【ドリップ編】お肉やお魚を買ってきたときに、赤い血みたいなものが出てきていることってありませんか?最初、うわぁ血だって思って気持ち悪く感じてました。これ何?どうしたら出ないの?...

 

アイラップを使った豚肉の冷凍保存アイキャッチ
マイブーム「恋する豚」と「アイラップ」と「冷凍保存」「アイラップ」は会社の近くの100均に置いてあって、愛用していたポリ袋でしたが、いつの間にかアイラップを置かなくなってしまって買うことが...

 

 

 

ABOUT ME
花み
花み
アクセスありがとうございます。 「刺しゅう」「イラスト練習」のことを中心に「簡単レシピ」「健康のこと」「本の感想」を楽しく書いてシェアしていきます。 感想ツイートいただけると嬉しいです。