Miniature

アシェット(hachette)樹脂粘土でつくるミニチュアフードの内容と2号の感想

アシェット樹脂粘土でつくるミニチュアフード

かわいい刺しゅう」も号を重ねていくごとに、刺しゅうにも慣れ、予定時間内に終わるようになり時間にも余裕が出てくると、他の手芸にも楽しみたくなる。

というわけで「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」を始めました。

 

樹脂粘土でつくるミニチュアフード

樹脂粘土でスイーツやパンをつくり、ブーランジェリー&パティスリーを完成させましょう。

リアルな質感が表現できる樹脂粘土のミニチュアフードは、思わず「おいしそう」とため息が.でるほど。
むずかしそうに見えますが、工程はシンプル。樹脂粘土で形作り、レンジで乾燥させ、着色します。

メロンパンやシナモンロール、フルーツデニッシュやフランスパン
いろんな形のパンは見ているだけで楽しくなります。
また、ぱりっと焼けたシュークリーム、フルーツたっぷりのタルトといったスイーツも、ミニチュアならではのかわいらしさ。

たくさんつくってブーランジェリー&パティスリーをつくりましょう!

発売元はアシェット・コレクションズ・ジャパン

フランスのラガルデールグループの構成企業で、分冊百科事業を担う。 欧州・カナダ・中南米・南アフリカ・豪州・ニュージーランドで事業を展開しており、日本では2003年にアシェット・コレクションズ・ジャパンが設立された。

 

アイキャッチはじめてのレザークラフト
アシェットhachetteはじめてのレザークラフトの内容と1回目の感想アシェット「はじめてのレザークラフト」の内容と総額および創刊号を実際に作ってみた感想。...

 

樹脂粘土でつくるミニチュアフードの内容は?

必要な材料はすべてそろっていて、毎号1,2個のパンやスイーツをつくることができます。

作り方をわかりやすく解説しているので、初心者の方でもすぐに始められます。

材料の他に
粘土スケール、平筆、ニスといった道具や、バスケット、ウッドボードなどのディスプレイ用小物も不定期で付いています。

何号で完結?

120号予定

気になる総額は?

創刊号 … 299円

2号以降 … 999円×119回(118,881円)
プレミアムコースの場合は4号以降は1,049円
※プレミアムコースは5号以降の申し込み不可。途中解約の返金不可。

花み
花み
プレミアム定期購読を申し込むと最終号で「プーランジェリーディスプレイ棚」が付いてきます。
問題は、最終号まで楽しめるかってことなんですよね

専用マガジンボックス … 990円
※定期購読の人は7号で強制的に付属

花み
花み
定期購読をするとマガジンボックス強制。
冊子を処分している私には、不要なマガジンボックスが強制的に付属するって、お金の無駄だなぁ。マガジンボックスはキャンセルできないのかな?

 

発送

ディアゴスティーニのように2号毎に発送なのかと思ったら・・・

2号と3号は発売日に宅配便で届きました。

4号から9号までは2週ごとに2号分を奇数号の発売日にお届け
(999円×2号分=1998円)

10号以降は4号セットでお届け
(999円×4号分=3,996円)

花み
花み
4号まとめてになると積ん読しそう。大丈夫かなぁ?

 

定期購読特典

書店を通じて定期購読をしている人

1号から30号までの巻末に印刷されている応募券でプレゼント

ただ、ツールセットの内容は1,000円〜2,000円程度なので、自分で購入してもよいかな?とは思います。

粘土の道具って、100均で売っているものを応用して使ってもOKなので、ツールにこだわらなくても大丈夫です。
粘土棒は麺棒とか
プレス器も透明の容器とか

 

基本の道具

粘土の基本道具も、身近にあるものを使えばOKです。

  • 粘土用マット(下敷きやクリアファイルでも可)
    …私は愛用の工作マット(カッティングマット)を使ってます
  • クッキングシート
  • パレット(牛乳パックなどの紙でも可)
    …以前はペーパーパレットを使っていたのですが、
    今はクッキングシートです
  • プレス器
    …もともと持っていたんだけど (^^ゞ
    定期購読で2個になってしまった (笑)
  • 小皿
    …お菓子が入っている皿を使い捨てで利用したりしてる
  • 粘土スケール(定期購読付録)
    …工作マットのメモリを利用しても良いよね
    円のメモリが付いている工作マットがあると便利
  • 定規
  • カッターの刃
    …粘土工作では必須!
  • 歯ブラシ
    …爪楊枝をまとめて歯ブラシ代わりにしてもOK
  • ヘラ(定期購読付録)
    …スパチュラは粘土工作であると便利な道具ですよね
  • ピンセット
  • 綿棒
  • 爪楊枝
  • ジッパー付き密封袋とラップ
    …樹脂粘土は乾燥しやすいので、ラップで来るんでジッパー付き袋に入れるのは基本です。
  • スポンジ
  • 手芸用接着剤
    …木工用ボンド愛用の私

 

樹脂粘土でつくるミニチュアフードはお買い得?

分冊百科は、総額を考えると、ムムムってなってしまうけれど……

創刊号を楽しみつつ、内容をじっくり検討してみた結果……

花み
花み
4号まとめて届くのはちょっと〜
マガジンラックいらない

私のように、粘土工作をしたいという、斜めな理由の人にはムムムって感じですが、純粋に「ミニチュアフード」を作ってみたい!という人にはオススメです

粘土工作関係の書籍は、内容も充実しているので、書籍と粘土と絵の具があれば、初心者でも作れてしまいます。

はかせ君
はかせ君
材料が揃っているのが分冊百科の良いところ。
SNSのおかげで、楽しんでいる仲間と知り合えるのも分冊百科の良いところです。

ミニチュアフードを作る場合、粘土を買ってきても、作っている物が小さいから、無駄になってしまう粘土の方が多いという問題があるんですよね。

「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」の場合は、2〜3日で作れる分量の粘土なので、無駄にならないのは良いなと思いました。

 

樹脂粘土でつくるミニチュアフードを監修している人は

関口真優さん

樹脂粘土でつくるスイーツデコレーション、パン、フードの創作活動を行う。パステルスイーツ代表。 「王様のブランチ」をはじめ、数々のテレビ、ラジオ、雑誌に出演。著書多数。

 

セサミベーグルとシナモンロールの製作

コロンとした形がかわいいセサミベーグルはニスを塗ってツヤカンを表現。
シナモンロールは、仕上げにニスとベビーパウダーで作ったアイシングシュガーをかけます。

私が使っている工作マット

工作マット(カッターマット)円のメモリも入っていて、ミニチュアを作るのに重宝しています

 

樹脂粘土でつくるミニチュアフード2号届きました

 

2号には小物アイテム「バスケット」が付いているので、完成後のディスプレイに利用できます。

だた、ちょっと、作りが雑っていうか、なんというか。私はこのまま利用しましたが、バスケットを自作している人も多数みかけました。
ちょっぴり、うらやましかったです。

パンの着色は「樹脂粘土」と「黄土色」のアクリル絵の具が基本

着色や、成形、レンチン時間はテキスト通りに行います。

花み
花み
着色は、慣れてきたらテキストを見なくてもできるようになるのかなぁ?

「ごま(セサミ)」の製作は、乾燥時間も考慮して、早めに作っておくと便利です。

乾燥していた方が切ると気楽です。

 

焼き色を付け、乾燥したらディスプレイしましょう

創刊号で、痛恨の絵の具の色をミスるという失敗をした私。今回は、間違わず「黄土色」⇒「薄茶」⇒「赤茶」⇒「焦げ茶」の順で着色を進めました。

花み
花み
平筆でないものを使いたいと思って100均に行ったのだけれど、ナイロンの筆がなくて、他のお店を確認してみることにして、筆の購入は保留中

アイシング(ニス+ベビーパウダーの分量)が難しくて、上手に盛れませんでした。

 

2号の製作時間

2回目と言うこともあり、悩んだこともなかったので、テキスト通りに作業を進めるだけ。

ベーグル5個とシナモンロール5個の計10個で3時間で完成しました。

 

ミニチュアフードは応用範囲が広いから作っていて楽しい

タティングレースと違って、ミニチュアフードは、作った後の利用範囲が広いから、作っていて楽しいですよね。
(私の技術が基礎から抜け出せないからかもしれないけれど。タティングレースはタティングレースなりの魅力はあるんですよ)

リカちゃんとかブライスとかのドールファンならミニチュアフードは必須アイテムですよね。

インスタ映えすること間違いなしです。

もちろんドールハウスを作っている人もミニチュアフードはマストアイテムです。

 

アクセサリー作家さんもミニチュアフードを利用している方もたくさんいますよね。

アシェットの樹脂粘土で作るミニチュアフードでは「セサミベーグルとシナモンロールのバックチャーム」が紹介されていました。
チャーム用の金具も付録しているといいのにネ。そう思いませんか?

 

2号で紹介されていた「レープクーヘンでつくられたヘクセンハウス」
うわぁ、パンだけでなくて、こういうものも樹脂粘土で作ってみたいんだよねって思ったのは、きっと、私だけはないはず。

レープクーヘン

ヘンゼルとグレーテルの「お菓子の家」
お菓子の家のお菓子は、壁がレープクーヘン、屋根は菓子類、窓は透き通った砂糖でできていたそうです。

 

アシェットの「樹脂粘土でつくるミニチュアフード」は

  • 可愛いミニチュアのパンやスイーツを手作りしてみたい、
  • ちょっと自慢できる趣味を持ってみたい…

そんな「いまの生活にプラス1」できるような、素敵な趣味を探している人にぴったりです。

 

 

ABOUT ME
花み
花み
仕事を辞めて1年。後悔するかな?と思ったけれど、全然そういうことなかった。 周りを気にせずに、自分がやりたいことが出来る幸せをかみしめてます。 令和1年は「自分にブレーキをかけるな」を合い言葉に、やってみたいことを尻込みせず、どんどん挑戦したいです。 今、楽しんでいるのは、ポケモンGO・ウォーキング・ダイエット・タティングレース・刺繍・料理・iPhoneで写真を撮ること。