はなみのすみか【はなのす】

デアゴスティーニ|徹底監修でよみがえった圧巻の1/48ビッグスケール!週刊『ウルトラホーク1号』

ウルトラホーク1号アイキャッチ デアゴスティーニ
スポンサーリンク

ミニチュアパンのラインセミナー

地球を守ったあの銀翼の勇姿が[全長87.5cm]のビッグスケールでよみがえる!

週刊『ウルトラホーク1号』
2022年8月16日(火) 創刊 全110号

ウルトラホーク1号

創刊号特別価格:490円(税込)
第2号以降通常価格:1,990円(税込)
総額:217,400円(税込)
月額:7,960円(税込)

株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、特撮ドラマの金字塔『ウルトラセブン』に登場する、ウルトラ警備隊の誇る多目的戦闘機「ウルトラホーク1号」が完成するマガジンシリーズ、週刊『ウルトラホーク1号』を2022年8月16日(火)より、全国書店(一部地域を除く)及び、当社ホームページで発売します。分離・合体はもちろん、発光や音などギミックも多彩に組み込まれ、さらに劇中の設定を徹底考証して作りこんだリアルな内部構造も楽しめるシリーズです。

スポンサーリンク

週刊『ウルトラホーク1号』

【ウルトラセブン55周年記念】 徹底監修でよみがえった圧巻の1/48ビッグスケール!

全長 87.5cm 全幅 50cm 全高 19.5cm

ウルトラホーク1号

『ウルトラホーク1号』その全貌が、遂に明らかに!

本シリーズでは、全長42メートルの多目的戦闘機「ウルトラホーク1号」を1/48のビッグスケールで徹底再現。劇中の設定を検証し、独自の綿密な解釈を加えた、ウルトラホーク1号の模型の決定版です。かつてない精度と迫力で再現された究極のモデルを組み立てていきます。

当時の資料や映像を元に徹底的に監修された外観!

ウルトラホーク1号

アイコニックな外観は、ドラマの撮影で使われたプロップモデルを参考に、マーキングやモールドまで完成した状態で提供。内部構造も劇中の設定や放映当時の図解を考証し世界観を崩すことなく立体化しています。

3機分離+合体や内部構造を再現し、光と音のギミックも搭載!

α号(UH-001-1)、β号 (UH-001-2)、γ号 (UH-001-3) の3機分離・合体や、劇中の設定を徹底考証して作り込んだリアルな内部構造も再現。
高いデザイン性だけでなく、光りと音のギミックも満載のビッグスケールモデルです。

ウルトラホーク1号

マーキング

象徴的な主翼上の地球防衛軍マークは、当時のプロップモデルで使用されたものを再現。

塗装・モールド

各部の塗装は残された資料と映像の検証で密に再現。

内部構造物

ウルトラホーク1号

各エンジンやその補機類はもちろん、作品中に登場した装備から、想定される装置などを多数備え付けています。
第27話「サイボーグ作戦」で、ボーグ星人の円盤を撃破したマグネチック7や、合体・分離時に必要不可欠と思われるドッキング装置を立体化。

細部までこだわった再現性

ウルトラホーク1号

各機のコックピットは、あえて『ウルトラセブン』劇中のセットを再現。各ストーリーでのウルトラ警備隊の活躍が鮮やかによみがえる、臨場感溢れるコンセプトです。

スピーカー内蔵の発射台型専用台座

ウルトラホーク1号

可動・サウンドギミックリフトアップする発射台からは劇中の発射音やあの名曲も!
合体した状態のウルトラホーク1号をディスプレイできる、発射台をモチーフにした専用台座を提供。音のギミックを楽しむためのスピーカーも内蔵されている。また、ウルトラ警備隊基地からの発進時のように、リフトアップして角度調整も可能。

点灯ギミック
各コックピットは、それぞれ独立して照明が点灯可能。

フィギュアも付属
各シートに着座可能なフィギュアも数体提供。コックピットの情景がさらに臨場感を増す必須アイテム。また、ウルトラセブンのフィギュアも付属。

ウルトラホーク1号

3機分離の専用台座も付属

ウルトラホーク1号

ウルトラホーク1号最大の特徴であるα・β・γ号の分離・合体機構をスムーズにおこなえる仕様で具現化された本シリーズ。3機それぞれに各電源を装備した台座が付いてくるため、分離した状態でも展示・発光が可能。メイン台座には、リモコンで電動ライズアップする機能搭載しています。

1/48スケールの地球防衛軍特装車 『ポインター』 《全長約11cm》 も提供!

ウルトラホーク1号

創刊号から第6号までの組み立てで完成する地球防衛軍特装車 『ポインター(PO1)』も登場。
「ウルトラホーク1号」と同一スケールのPO1は後期型を採用し、第39話内で懸架されるシーンも再現可能なギミックを備えています。

4つの章のマガジンも充実のコンテンツ

ウルトラホーク1号
  • 長きにわたり機密であった「ウルトラホーク1号」の謎を追うこととなったジャーナリストが、その開発計画の秘密に迫る独自の調査で明らかにした渾身のリポートを毎号連載でお届け。作中の設定を元に、ウルトラホーク1号だけでなく地球防衛軍の内部および周辺情報を徹底的に再検証、本誌独自の多様な視点から再構成したドキュメンタリータッチのオリジナルストーリを展開する。
  • 地球防衛軍のメカや諸装備、施設・設備の数々を、劇中画像や貴重な資料写真とともに紹介。それぞれの武器や装備の使用方法、劇中でどのように活躍したのかを掘り下げる。
  • 特撮ドラマ『ウルトラセブン』の制作エピソードや名シーンの深掘り解説など当時の貴重な資料などを紹介しながら多角的に解説。
  • 毎号付属するパーツを組み立てていき、1/48スケールの「ウルトラホーク1号」を作り上げよう。わかりやすい組み立てガイドを用意しているので、誰でも簡単に作り上げることができる。

完全書きおろしのオリジナル冊子が第2号に付属

ウルトラホーク1号

ここでしか手に入らない、ファン必見のオリジナル冊子「ウルトラホーク1号 開発
計画 設定資料集」が第2号に付属。
ここでしか見られない内部構造やメカニック設定などを描きおこしたイラストやスト
ーリーがオリジナル冊子となり、読み応え抜群。

ウルトラホーク1号
スポンサーリンク

ウルトラマンシリーズ

花み
花み

私は「ウルトラセブン」から入って、ウルトラマンシリーズを楽しんだので、ウルトラマンと言ったらセブン!

ウルトラセブン ポインターをつくる

1967年から放映され、今なお高い人気を誇る『ウルトラセブン』。劇中で異星人の侵略から人類を守るウルトラ警備隊の脚となって大活躍を見せた特殊車両「TDF PO-1ポインター」が、多彩なギミックを満載したダイキャストモデルとして、ついに登場!!

最終刊:100号予定
発売日 2022年08月10日
45号
花み
花み

アシェットのシリーズもだいぶ進んでいるので、これから作って楽しむなら、デアゴスティーニですね。

創刊号から第6号までの組み立てで完成する地球防衛軍特装車 『ポインター(PO1)』も魅力的です。

Q
『週刊 ウルトラホーク1号』パーツ以外の付録は何かありますか。
A

創刊号に「原寸サイズポスター」、第2号に「ウルトラホーク1号開発計画設定資料集(本誌オリジナル冊子)」が付きます。

Q
『週刊 ウルトラホーク1号』3機に分離した状態でディスプレイ可能ですか。
A

α・β・γ号の3機それぞれに専用台座を提供しますので、分離した状態でもディスプレイ可能です。

Q
『週刊 ウルトラホーク1号』組み立てに必要な道具を教えてください。
A

【提供する道具】

・プラスドライバー・00番(創刊号で提供)
・瞬間接着剤(創刊号で提供)
・ピンセット(第3号で提供)

【あると便利な道具】

・ピンセット(指ではつかみにくい細かいパーツや小さいパーツを組み立てる際に使用)
・カッターナイフ(パーツの切り離しや、形を微調整するのにあると便利)
・柔らかい布(組み立てるパーツを傷つけないように下に敷く)

※あると便利な道具は必要に応じてシリーズ内で紹介

Q
『週刊 ウルトラホーク1号』専用のディスプレイ台は付属しますか。
A

合体した状態のウルトラホーク1号をディスプレイできる、発射台をモチーフにした専用台座をシリーズ内で提供いたします。

Q
『週刊 ウルトラホーク1号』対象年齢を教えてください。
A

14歳以上を対象に設計しています。玩具ではありません。

Q
『週刊 ウルトラホーク1号』提供されたパーツを塗装する必要はありますか。
A

本シリーズでご提供するパーツは塗装が施されておりますので、塗装は不要です。

Q
『週刊 ウルトラホーク1号』付録パーツの素材は何ですか。
A

主な素材はABSプラスチック。一部メタル素材を使用したマルチマテリアルになります。
※モデルの素材は変更になる場合があります。

Q
『週刊 ウルトラホーク1号』シリーズ内で組み立てるのはウルトラホーク1号のみですか。
A

創刊号~第6号で提供するパーツを組み立てると、本シリーズのウルトラホーク1号と同スケールのポインター《PO-1》(全長約11cm、幅約4cm)が完成します。

Q
『週刊 ウルトラホーク1号』完成した際のサイズ、重量を教えてください。
A

全長:約87.5㎝、全幅:約50㎝、全高:約19.5㎝
※モデルの仕様は変更になる場合があります。

タイトルとURLをコピーしました