Cute embroidery

かわいい刺しゅう9号はドラゴン3回目とピンクッション1回目

かわいい刺しゅう9号

 

前回「かわいい刺しゅう8号」は、がま口金具の取り付けに四苦八苦しましたが、相も変わらず、完成すれば、愛着が湧いてきて、お出かけ時に持ち歩いております。

前回の記事

かわいい刺しゅう8号
かわいい刺しゅう8号はドラゴンの刺しゅうとがま口ポーチの製作ディアゴスティーニの「かわいい刺しゅう」8号「ドラゴン」の刺しゅうとネコちゃんのがま口ポーチの制作です。完成した、猫ちゃんがま口ポーチは「刺しゅう枠」入れにピッタリです。...

 

 

かわいい刺しゅう9月号

内容

季節の童話タペストリー

ドラゴン3回目

ドラゴンの顔に表情をつけたら、翼と爪やしっぽの模様を刺します。

 

暮らしのステッチ小物

バラとわすれな草のピンクッション1回目

リボン刺しゅうならではのエレガントなバラのモチーフとシンプルな葉の刺し方をマスターします。

 

かわいい刺しゅう9号の感想

1号から、ひたすらチクチクし続けてきましたが、9号からチクチク時間に余裕が出てきて、次号の発売前までに余裕で完成するようになってきました。

なんとなーく、進むペースがゆっくりになったような気がするのは、私のチクチクが上達しているから、そう感じるだけでしょうか?そうだといいな。

9号もドラゴンってことで、もう、テンション上がりっぱなしですよ。どくに「コーチドトレリス」っていう刺しゅう。ものすっごく、楽しかったです。いろんなステッチの中でも一番にしたいくらい好き!

初めての「リボン刺しゅう」は、こんな太いリボンが布目を通すの?
うっそん
なんて、これもまた、ウキウキしながら刺しましたが・・・バランスが悪いのか、ねじねじが悪いのか、うまく薔薇の形にならず・・・

ぶかっこうだろうと、なんだろうと、完成すれば、これまた、楽し、です。

 

ギャラリー

写真はクリックすると大きな写真で確認できます。
拡大写真の左右にある「」 や 「」 でギャラリーを切り替えられます。

 

かわいい刺しゅうとは

刺しゅう糸、布地、ボタンなど必要な材料が付いていて、手軽に「刺しゅう」を楽しめる全80号のキットです。
少しずつ時間をかけて、刺しゅうを楽しんでみたいという人にピッタリです。

ディアゴスティーニの「かわいい刺しゅう」を定期購読するには?

ディアゴスティーニでは現在定期購読を中止してます。
下記のサイトで、定期購読を受付しているようです。

 

 

用意したもの

以前、付いていた「複写紙」が写らなくなったため、新しいものを買ってきました。

私が欲しかった「チャコペーパー」はこれ
↓↓

「かわいい刺しゅう」は号をまたいで作業を続けていくため「自然に消える」タイプだと次号の時に線が消えてしまって困ったことがありました。100均のものだったから?

というわけで「水で消える」タイプの方が良いかもしれません。
私の場合は、鉛筆タイプよりもペンタイプの方が描きやすくて楽です。

 

水性チャコペンを買いにいったのだけれど「自然に消える」タイプは売っていたのですが「水性タイプ」がないし、ペンタイプも売っていないしで、鉛筆タイプを買ってきたけど、チャコペーパーが綺麗に写ったので出番がなかったです (^^ゞ

 

ドラゴン

ドラゴンは遠い昔から人々の想像の中にいる生き物。
神社仏閣にいるドラゴンは「龍」ですね。龍も大好きです。
タペストリーのドラゴンは西洋のドラゴン。私は「竜」と区別して読んでます。

タペストリーのドラゴンは、かわいい表情がとってもキュートですよね。

 

ファンタジー好きな私の場合、ドラゴンと言えば「エラゴン」ですが、読んでいると、その世界の風景が目に浮かんでくるんですよね。

映画にもなった「ヒックとドラゴン」は小学生の子供達に読んでもらいたいな。

ディアゴスティーニ9号で紹介されていた「エルマーのぼうけん」は児童文学として有名ですよね。

 

ABOUT ME
花み
花み
アクセスありがとうございます。 この縁を大切にしたいと思っています。 今後も「刺しゅう」のこと「簡単レシピ」「健康のこと」「本の感想」を楽しく書いてシェアしていきます。 感想ツイートいただけると更新の意欲に繋がりますし、純粋に嬉しいです。 そして、「これどうだった?」「ここはどうした?」という要望ツイートも大歓迎です。(それをまた皆様にシェアできるため) 読み終わった今のタイミングで、よろしければ感想ツイートをお願いします。