Embroidery

デアゴスティーニ「かわいい刺しゅう」応用編・リボン刺しゅうのクリスマス飾り

かわいい刺しゅう・リボン刺しゅう

 

デアゴスティーニ・かわいい刺しゅうのタペストリーを監修されている下長根先生のインスタを見ていたら、クリスマスモチーフのリボン刺しゅうが掲載されていました。

下長根先生が開催されている「かわいい刺しゅうサロン」で、かわいい刺しゅうのキットを刺しゅうしながら、小もの作りを楽しんでいるみたいです。

かわいい刺しゅうで孤軍奮闘している私にとっては、とってもうらやましい。

インスタを見ていると、かわいい刺しゅう以外の小ものも作成しているようなんですよね。

今回は、過去に勉強したリボン刺しゅうから「クリスマスのアレンジ刺しゅう」をされたようです。

いいなぁ。

 

かわいい刺しゅうのリボン刺しゅうは

かわいい刺しゅうで練習したリボン刺しゅうは下記の2点

リボン刺しゅうのピンクッション … 9号・10号

かわいい刺しゅう9号
かわいい刺しゅう9号はドラゴン3回目とピンクッション1回目かわいい刺しゅう9号は、タペストリーのドラゴン3回目と小物のピンクッション1回目。刺しゅうもだいぶ慣れてきた感があります。初めてのリボン刺しゅうのできばえは?...

 

かわいい刺しゅう10号
DeAGOSTINI「かわいい刺しゅう」10号の製作と今までの感想続けられるかと心配していた、ディアゴスティーニ「かわいい刺しゅう」も10号に突入。楽しいの?続けられるかな?キットの内容は?とか、今まで刺してきて感じたことをまとめてみました。...

 

リボン刺しゅうの刺しゅう糸ホルダー … 23号・24号

かわいい刺しゅう23号
デアゴスティーニ「かわいい刺しゅう」23号の感想(タペストリーの製作と刺しゅう糸ホルダーの製作) 「かわいい刺しゅう」も23号に突入しました。 いよいよ「春のタペストリー」は、おやゆび姫の手袋を刺して完成です。 201...

 

かわいい刺しゅう24号
ディアゴスティーニ「かわいい刺しゅう」24号の感想(タペストリーの製作と刺しゅう糸ホルダーの製作)デアゴスティーニのかわいい刺しゅうを楽しんでます。刺しゅうホルダーの図案が写しにくかったですよね?プロの方はどうやって写したのかを確認しました。...

 

これを作りました
↓↓↓↓

かわいい刺しゅう・リボン刺しゅう

ピンクッションは、針をブスブスっと刺しまくっているので、リボンの部分がヨレヨレになってきました。

下長根先生のかわいい刺しゅうサロンで制作されている
リボン刺しゅうのクリスマスモチーフかわいいですよね。


教室が近かったら通いたいってつぶやいたら、先生から、ステッチのアドバイスをいただきました。
いつも、ありがとうございます m(__)m

かわいい刺しゅう・リボン刺しゅう

リースは、ピンクッションの薔薇とフライステッチとストレートステッチの組み合わせとのことです。

リボンが手に入る方は、真似をして作ってみると楽しそうですよね。
私は、手芸店を回ったけれど、リボン刺しゅうで使っているリボンを売っているお店がなくて、ネットで購入するにはちょっと、敷居が高くて、見送り中(苦笑)

 

 

 

ディアゴスティーニのかわいい刺しゅう

心をこめて、手作業で、ゆっくり、ひと針ひと針、作業することが楽しめる「刺しゅう」
さまざまな刺しゅうのステッチに出会あいながら、ゆっくりと過ぎる時間を楽しめます。

かわいい刺しゅうとは

ディアゴスティーニのかわいい刺しゅうは隔週火曜日発売のマガジンシリーズです。
全80号が予定されています。

毎号キットとしてフランスの老舗刺しゅう糸メーカー『DMC』の刺しゅう糸をはじめ、必要な材料が付いた、刺しゅうのハンドメイドシリーズです。童話モチーフのタペストリーと、雑貨小物を作成していきます。

 

かわいい刺しゅうは定期購読がおすすめです

かわいい刺しゅうの定期購読は

  • デアゴスティーニで定期購読をする
  • 近くの書店で定期購読する
  • ネットで定期購読する

 

書店での定期購読のメリット・デメリット
花み
花み
私は、書店で定期購読をしています

メリット

  • 確実に手に入る
    デアゴスティーニは2号まとめての発送なので、入手するのに時間が掛かる
    デアゴスティーニはメール便発送のため、地域によっては、デアゴスティーニで発送後も、届くまで時間が掛かる
  • 発売日に手に入る
    デアゴスティーニの定期購読は2号まとめての発送なので、計画的に進めないと「積ん読」しちゃうことに
    私、過去に積ん読しました (^^ゞ

 

デメリット

  • 書店に買いに行くのが面倒
  • 定期購読を中止しようと思ったとき、店員さんに言いにくいかも

 

花み
花み
買おうと思ったときに購入できると良いのですが、分冊百科なので、必要以上は出版しないかも

確実に手に入れたい場合は定期購読がオススメです

 

デアゴスティーニ以外での定期購読はFujisan.co.jpがオススメ

かわいい刺しゅう
かわいい刺しゅうの定期購読は>>Fujisan.co.jpへ

 

自由に刺しゅうが出来る人は・・・

デアゴスティーニの「かわいい刺しゅう」の良いところは、超初心者向けの内容というところ。

市販の刺しゅうの本は、基本的な刺しゅうの仕方は載っているけれど、
かわいい刺しゅうの場合は「刺し始めはココ」「刺し終わりはココ」「捨て糸をする」「玉留めする」みたいに、事細かな説明がされています。
※手取り足取りの説明は春のタペストリーまで

花み
花み
刺しゅう初心者の私には、これ、とってもありがたかったです

でも、

  • 刺しゅうを一人で楽しめる人
  • 刺しゅう糸をすでに持っている人
  • 季節の小物をすべて作らなくても良い人
  • 「こぎん刺し」を楽しみたい「クロスステッチを楽しみたい」など、好きなステッチが決まっている人

には、不要な内容も多いですよね。

そういう方は、バックナンバーを購入して、欲しい号を購入するのが良いかもしれません。

 

タペストリーの制作を楽しみたい方は……

タペストリーは布にイラストが印刷されているので、タペストリーが付いている号を購入すればOKです

かわいい刺しゅう・春のタペストリーは創刊号

かわいい刺しゅう・夏のタペストリーは22号

表紙の花イラスト刺しゅうは

  • かわいい刺しゅう21号
  • かわいい刺しゅう30号

かわいい刺しゅう30号はリネン付きです

季節の小物を楽しみたい方は……

かわいい刺しゅうの季節の小物は、1回から4回と複数号に渡って制作していきます

  • クロスステッチのコースター … 1号・2号
  • イニシャルのミニクロス(ドロンワーク) … 3号・4号
  • こぎん刺しのつつみボタン … 5号・6号
  • ねこのがま口ポーチ … 7号・8号
  • リボン刺しゅうのピンクッション … 9号・10号
  • スモッキングの通帳ケース … 11号・12号
  • こぎん刺しのポットマット … 13号・14号・15号
  • 動物刺しゅうのブローチ … 16号・17号
  • ハンガリー刺しゅうのハンガーカバー … 18号・19号
  • クロスステッチのビスコーニュ … 20号・21号・22号
  • リボン刺しゅうの刺しゅう糸ホルダー … 23号・24号
  • こぎん刺しのブレスレット … 25号・26号
  • ニードルケース・シザーキーパー … 27号・28号・29号・30号
  • クリスマスモチーフのタペストリー … 31号・32号
  • ウール糸刺しゅう・グラスケース … 33号・34号
  • クロスステッチ・巾着ポーチ … 35号・36号
  • リボン刺しゅう・カルトナージュのミニトレイ … 37号・38号・39号

 

作ってみたい季節の小物の号数を購入すれば良いと思います。
バックナンバーは在庫限りなので、作ってみたいものがある方は、早めの購入がお勧めです。

かわいい刺しゅう春のタペストリー
デアゴスティーニ「かわいい刺しゅう」の春のタペストリー制作と感想とパネル仕立て 春のタペストリーを「額装」するのが、私の趣味でなくて、保留にしていたのですが、朝、SNSの油絵を見て、キャンバスパネルもいいなと...

 

 

■楽しんでいる手芸■

かわいい刺しゅうの人気の理由「可愛いステッチを楽しめること」いつもとは違う充実した時間を過ごせます。 私にとっては、SNSで沢山の仲間達と出会えることも魅力の一つです
かわいい刺しゅう

『手づくり手帖』は、刺しゅう、編み物、パッチワークキルト、ソーイングをはじめとする、さまざまな手芸作品、知識が深まる読み物などを、美しい写真とともにお届けする年4回(2月・5月・8月・11月の各月17日)発行の定期刊行誌です。
手づくり手帖

ステッチidees(ステッチイデー)は刺しゅうを中心に取り上げたハンドメイド誌です。「落書き気分でちくちく刺しゅう」をコンセプトに、初心者から上級者まで気軽に楽しめるステッチや刺しゅうのデザインを紹介。
ステッチイデー

編み物や刺しゅう、パッチワークなどの手芸キットが揃う、手作り初心者から上級者まで楽しめる
手づくりカタログ 『Couturier クチュリエ』

 

■楽天検索

■Amazonかわいい刺しゅう

 

■デアゴスティーニ「かわいい刺しゅう」バックナンバー一覧はこちら>>

 

ABOUT ME
花み
花み
アクセスありがとうございます。 この縁を大切にしたいと思っています。 今後も「刺しゅう」のこと「簡単レシピ」「健康のこと」「本の感想」を楽しく書いてシェアしていきます。 感想ツイートいただけると更新の意欲に繋がりますし、純粋に嬉しいです。 そして、「これどうだった?」「ここはどうした?」という要望ツイートも大歓迎です。(それをまた皆様にシェアできるため) 読み終わった今のタイミングで、よろしければ感想ツイートをお願いします。
RELATED POST