はなみのすみか【はなのす】

日常を振り返る 日日是好日

アイキャッチ日々是好日 ポイ活・節約・生活
スポンサーリンク

初版のとき読んだはずなので、もう10年以上前なんですね。

いっけん、茶道の本かとおもいきや、
実は、人生の本だった。

著者が、茶道を通して見えてきた、四季折々の風景や、心の風景
茶道を習っていなくても(1年で挫折した)、年を重ねれば、四季を感じられるようになるし、心の移ろいも感じられるようになるけれど、茶道を通すことによって、それをいっそう深く感じることができるのかもしれない。

過去を後悔しても仕方がない
未来を心配しても仕方がない
今を一生懸命生きる

日日是好日はそんなことを教えてくれる。

茶道の言葉に「一期一会」という言葉もあるけれど、
これも、今を一生懸命生きるということを伝えているのだろう。

茶道って哲学だな。

また、人生に悩んだら、読み返してみたい。
いつも、悩んでばかりだけれど
そのとき読めば、そのときの自分の感じ方があると思う。

内容紹介
お茶を習い始めて二十五年。就職につまずき、いつも不安で自分の居場所を探し続けた日々。失恋、父の死という悲しみのなかで、気がつけば、そばに「お茶」があった。がんじがらめの決まりごとの向こうに、やがて見えてきた自由。「ここにいるだけでよい」という心の安息。雨が匂う、雨の一粒一粒が聴こえる……季節を五感で味わう歓びとともに、「いま、生きている! 」その感動を鮮やかに綴る。

[chat face=”woman1″ name=”女性の口コミ” align=”left” border=”red” bg=”red”]ひとはどんな日でも絶好のチャンスの連続の中にいる
長い目で今を生きる
なんか冴えないなー、と毎日の繰り返しに疲れたときに読むと前向きになれる内容です
[jinstar5.0 color=”#ffc32c” size=”16px”][/chat]

2018年10月に公開された映画「日日是好日」
影の主役とも言えるお茶室。20年に渡る時をどう表現したのか
お茶室の主人である武田先生を樹木希林さんがどう演じ命を吹き込んだのか
DVDが発売になったら、見てみたいと思います。

私、最近思うんですよ。こうして毎年、同じことができることが幸せなんだって

毎年同じことができる幸せ
私は311を経験して、ああ、本当にそうだなと思えるようになった。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました