はなみのすみか【はなのす】

【作ってみた】かわいい刺しゅう48号「秋のタペストリー(ヘンゼルとグレーテル1回目)」と「フラワーブローチ(ウール刺しゅう)」の制作

かわいい刺しゅう48号 かわいい刺しゅう
スポンサーリンク

ミニチュアパンのラインセミナー

デアゴスティーニ・かわいい刺しゅう48号の制作と感想です。

かわいい刺しゅう48号は、秋のタペストリー「ヘンゼルとグレーテル1回目」の刺しゅうと、ウール刺しゅうのブローチを完成させます。

かわいい刺しゅう48号も今まで刺してきたステッチばかりなので、ひたすらチクチク。

季節のタペストリーの専用額縁の申し込みが始まってます。
専用額縁は、タペストリーの大きさやデザインを損なわないので、オススメですよね。
私ですか?
私は、額縁で飾るのは無理なので、いつもの通り、ファブリックパネル仕立てです。

かわいい刺しゅう・専用フレーム
かわいい刺しゅう・専用フレーム
かわいい刺しゅう・専用フレーム
スポンサーリンク

かわいい刺しゅう48号の制作と感想

■前号の内容■

デアゴスティーニ「かわいい刺しゅう」48号のポイントは、ロング&ショートステッチの刺し方に慣れることと、細かい図案なので、アウトラインステッチやサテンステッチを丁寧に刺すことでしょうか?
・・・いつも、雑です>私

かわいい刺しゅう48号の内容は…

かわいい刺しゅう48号の内容
  • 秋のタペストリー:ヘンゼルとグレーテル1回目
  • フラワーブローチ(ウール糸刺しゅう)・2回目

です。

花み
花み

今気がついたけど、見本の刺しゅうのお菓子の家の雰囲気がちょっと違う。
見本の方の色使いの方が好きかも。
上の写真はピンクのクリームが入っていないよね。

刺しゅうの基本ノートで刺し始め、刺し終わりの確認

かわいい刺しゅう39号の制作と感想

刺し始めと、刺し終わりの方法は「刺しゅうの基本ノート」でチェック

花み
花み

刺し始めと刺し終わりの方法は、ノートでチェック!

季節の童話タペストリー「ヘンゼルとグレーテル」

かわいい刺しゅう48号と49号で、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家を刺繍します。
カラフルな色を楽しみながら仕上げていきます。

ピンクと緑のアイシングをしたような壁からスタートして、それぞれのパーツもお菓子に見立てて刺し進めます。

デザイン:制作

  • 原画:よしのぶもとこ さん
  • 刺しゅう製作:下長根朗子さん
  • 協力:太田昌子さん

製作時間目安

  • 壁、ひさしと屋根の端:2時間
  • 窓:40分
  • 扉、壁の飾り:1時間
花み
花み

私、たぶん6時間くらいかかったと思います。

お菓子の家の刺しゅうをする

苦手な、苦手なロング&ショートステッチ。
説明が中途半端で途方に暮れました。

かわいい刺しゅう48号3ページの「5」の説明が詳しくなくて、途方に暮れる。
■の位置から刺し始め、窓の周りはどのタイミングで刺しゅうをすれば良いのか分からず・・・
ロング&ショートステッチは、刺しゅう自体が少なく、自力の判断ができない。
もう少し、詳しい説明が欲しかったな。
お菓子の家の壁の刺繍・ロング&ショートステッチ

ここまでで3時間かかった。
相も変わらず、サテンステッチの針を出す位置がガタガタで柵がガタガタです
かわいい刺しゅう・お菓子の家の刺しゅう

窓と枠が小さく、針を出す位置が難しかったですね。
コツをつかんだ頃には、刺し終わるといういつものパターンです。

ロールケーキのアウトラインステッチも難しかった。
1週間以上、針を持たなかったので、運針がモタモタしていて、フンワリ刺すことが出来ず、ロールケーキのアウトラインステッチも、キチキチって感じになってしまい、ケーキの雰囲気が表現できなかったです。

まだまだ、毎日、運針しないと、ダメなんですね。

ヘンゼルとグレーテル・深緑の木の刺しゅう図案

かわいい刺しゅう48号は、ヘンゼルとグレーテル・深緑の木の刺しゅう図案付き。
深緑の木は、かわいい刺しゅう49号で。

花み
花み

アップリケ用図案が、かわいい刺しゅう48号に付いているので、次回まで手元に保管です。

フラワーブローチ(ウール糸の刺しゅう) 2回目

ふっくらかわいい花のブローチを作ります。

ウール糸で花を刺しゅうして、ブローチに仕立てます。

刺しゅうを仕上げたら、表パーツを包んで、裏パーツと組み合わせるだけでブローチが完成します。

デザイン・制作

  • マカベアリスさん
    刺しゅう作家。2011年より活動をはじめる。手芸誌への作品提供、個展の開催、ワークショップ講師などで活動中。
    季節の流れの中に感じる、小さな感動や喜びを日々かたちにしている。

マカベアリスさんの季節の小物の制作

かわいい刺しゅう・ 季節の小もの48号の制作時間目安

  • 刺しゅう:1時間30分
  • 仕立て:1時間
花み
花み

1時間半で完成しちゃったので、やっぱり、私は雑なのかも (^^ゞ

かわいい刺しゅう48号

下絵が消える

心配していたとおり、刺してから2週間経過すると、下絵が消えました。
フリクションいろえんぴつは、完全に消えましたが、刺しゅう用コピーペーパーの方は、見えていたので、再度、なぞり書きしてからはじめました。
かわいい刺しゅう・時間経過で下絵が消える

花びらをウール糸で刺しゅうする

前回同様、70cmでカットという指示でしたが60cmでカット。
60cm×2本で刺しゅうが終わりました。

前回のグラスケースの時に使ったウール刺しゅう針を使いました。
ウール刺しゅう針は「かわいい刺しゅう33号」付録です。

フレンチノットの刺しゅう糸は、タペストリー側の刺しゅう糸があったので、そちらを利用しました。
かわいい刺しゅう・ウール刺しゅう


このパーツ。使いやすいですね。
ハンドメイドの商品として使うときは、こういうパーツを利用すると良いのかもしれませんが、個人使いの私は厚紙でOKです(笑)

刺しゅうの図案と刺しゅうブローチ制作
刺しゅうの図案と刺しゅうブローチの制作
刺しゅうの図案の練習とステッチの練習を兼ねて、刺しゅうブローチの制作を始めました。

note ご指定のページが見つかりません
かわいい刺しゅう48号・ウール刺しゅうのブローチ

かわいい刺しゅう48号完成

かわいい刺しゅう48号は、タペストリー側の刺しゅうに時間がかかりましたが、ブローチ側の制作が短時間だったので、両方を合わせてちょうど良い感じでしょうか?
私の場合、タペストリーの刺しゅうが細かそうって思ったとたん、やる気がなくなって、取りかかるまでに時間がかかってしまいました。
かわいい刺しゅう48号・完成

あれ?次回の発売日が遅い・・・コロナの影響らしいです。
ちょっと、時間があいてしまうので、運針が劣化しないようにしないとです。

かわいい刺しゅうをデアゴスティーニで定期購読している人は、早めにゲットできるようです。
納得がいかない!!!(笑)
かわいい刺しゅう発送予定日

今まで作ったブローチ

リボン刺しゅうのブローチ

手づくり手帖のブローチ

動物刺しゅうのブローチ

オリジナルデザインのブローチ(別サイト)

刺繍の図案と刺繍ブローチの制作
ブローチの制作

関連記事

過去の「かわいい刺しゅう」制作と感想記事

かわいい刺しゅうの作家さん情報

かわいい刺しゅうでお世話になっている作家さん達の情報をまとめました

刺しゅうが全くの初心者さんがこれからはじめるなら

  • 刺しゅう針が付属している ⇒ かわいい刺しゅう創刊号
  • 刺しゅう枠が付属している ⇒ かわいい刺しゅう3号
  • 刺しゅうの刺し方ノートが付いている ⇒ かわいい刺しゅう4号・39号
  • 2月から始まった「秋のタペストリー」が付属してくる38号

最低限、この5回分の購入をすれば、あとは、刺しゅう糸を追加で購入するだけで、楽しむことができます。

季節の小物の号数もまとめました

かわいい刺しゅう・夏のタペストリーが完成しました

かわいい刺しゅう・春のタペストリーが完成しました

秋のタペストリーの制作を開始しました

秋のタペストリーは「かわいい刺しゅう38号」の付録です。

■秋のタペストリー「ハロウィーンモチーフ」と
リボン刺しゅうのアクセサリートレイの完成

秋のタペストリー「ハロウィーンモチーフ」2回目と1色刺しゅうの刺しゅう枠ケースの制作

■秋のタペストリー「不思議の国のアリス」キングとクイーンの刺しゅうと
1色刺しゅうの刺しゅう枠ケース完成

■秋のタペストリー「不思議の国のアリス」キングとクイーンの刺しゅうとハンガリー刺しゅうのボックスティッシュカバー

1回目は>>こちら<<

■秋のタペストリー「月とチェシャ猫」の刺しゅうと北欧モチーフのバネ口ポーチ

1回目は>>こちら<<

■赤ずきんちゃんのオオカミ

■ヘンゼルとグレーテル

「かわいい刺しゅう」専用Twitter(@hanami_handmade)
感想ツイートいただけると嬉しいです。

全かわいい刺しゅうの制作の全感想は>>こちら<<

スポンサーリンク

刺しゅうテクニック関連記事

刺しゅうのテクニックは「かわいい刺しゅう」と「書籍」から

最近は、刺し始めは、自己流が多くなってきました。
ループメソッド多用です。

かわいい刺しゅう全号完走すると200色集まるそうです。
刺しゅう糸の管理が目下の課題

いろんなことを覚えてくると、刺しゅう針も増えてきますよね。
今のところ、新しい刺しゅう針を買う必要はないけれど、刺しにくくなってきたら、購入しないとですよね。

シーチングを卒業して、リネンを購入しました。
今後、リネンの感想を追記していきたいです。

フリクションとソーラインが愛用筆記具です

コメント

タイトルとURLをコピーしました